りんご7976のパワーで美しく、健康になろう!

りんごの栄養の中で、もっとも注目すべきものは「りんごポリフェノール」です。りんごポリフェノールとは、りんごに含まれる「カテキン」「エピカテキン」「ケルセチン」などのポリフェノールの総称をいいます。りんごを切ってしばらくすると茶色く変色しますが、これはポリフェノールによるものです。 りんごポリフェノールの効能は、抗アレルギー作用、悪玉コレステロールの低減、虫歯予防や消臭効果など多岐にわたります。中でも、エピカテキンには強い抗酸化作用があるため、体内の活性酸素によって引き起こされる病気――ガンや脳卒中、心臓疾患などの予防に役立つでしょう。りんごポリフェノールは果皮に多く含まれていますので、皮ごと食べるとより効果的に摂取できます。りんごの栄養には、他にも食物繊維やカルシウム・マグネシウムなどのミネラル、脂肪の吸収を抑制させるケルセチンと、たったひとつのりんごの中にぎゅっとつまっています。 ダイエット中にスイーツを我慢できない人は、代わりにりんごを食べてみてください。りんごはその水分と食物繊維で腹持ちが良く、低カロリーで不足しがちな栄養素も補うことができる万能果物です。健康と美容のために、1日1個りんごを食べることを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

りんご7976の意外な性質に驚き!正しい保存方法について学ぼう!

りんごは安価で美味しい果物として広く普及していますが、家庭で保存する際は冷蔵庫の使い方に注意する必要があります。りんごは収穫された後も呼吸をしているので、密閉した冷蔵庫に保管すると放出されたガスが庫内に充満して他の食品が劣化します。また、冷蔵庫の内部は乾燥しているので次第に水分が減少して風味が損なわれてしまいます。購入したりんごは食べる少し前に冷蔵庫で冷やすようにする他、他の食品に近づけないのが正しい保管方法です。