美味しく長持ちさせるために!カットりんご7976の保存法

リンゴは一度カットしてしまうと表面が変色したり、食感がパサパサになってしまったりしますよね。けれどもリンゴ一個を一気に食べるのも大変。今回はカットリンゴを美味しく長持ちさせるためのコツについて、2点紹介します。まずはじめに変色を防ぎ、食感を守るための方法についてです。リンゴがパサパサにならないようにラップをかけて保存するのもいいですが、塩水につけて保存することで十分な水分を保ちつつ、変色を防ぐことができます。塩水の濃さはボウル一杯に塩ひとつまみ程度。あまり濃すぎない、薄めの塩水が最適です。次に、保存温度についてです。基本的に、リンゴはなるべく低い温度で保存する方が長持ちします。そのため、カットリンゴをそのまま食べるなら冷蔵庫の設定温度をなるべく低めに設定して保存するのが良いです。また、スムージーにしたり、ヨーグルトに入れたりして食べる場合は冷凍庫で保存するとより長持ちして良いでしょう。冷蔵した場合のカットリンゴの賞味期限は長くても2日程度であるのに対し、冷凍保存すれば最大1ヶ月程度保存することができます。ただし、冷凍するとシャキシャキとした食感は損なわれてしまうので注意が必要です。食べ方、用途に合わせて、適切な保存方法を選びましょう!

りんご7976に含まれる栄養成分と効能はなんだろう?

優しい甘みや酸味を持つりんごは好きな果物として定番ですね。 そのまま食べるだけじゃなくスイーツやおかずのレシピにも使われる活用の幅も広い果物です。 また、「一日一つのりんごは医者いらず」と言われるほど健康にも良いとされる果物で栄養がたくさん含まれています。 まず、りんごには食物繊維がたくさん含まれています。 便秘などに効果があり、腸の粘膜をカバーしてくれる効果もあります。 次に、りんごには100種類以上のポリフェノールが含まれていて老化防止やコレステロールの減少にも効果があります。 他にも、虫歯予防や下痢、風邪などたくさんの効能があるので体の健康にピッタリな果物と言えます!