3時のおやつに食べたい!王道お菓子と最適なりんご7976

りんごを使ったお菓子を思い浮かべる時皆さんは何を想像しますか? やはりりんごのお菓子といえばアップルパイが王道なものだと思います。パイ生地と煮て甘みが増したりんごは相性抜群ですよね。簡単に安く作る方法としてよく春巻きの皮を使ったものが紹介されています。 他にもシフォンケーキにりんごを入れたりんごケーキなどりんごのお菓子は多種多様で、いろいろなものと組み合わせることで美味しさが増したりします。例えば、甘みが強い芋のさつまいもと合わせたものや、シナモンパウダーを合わせたもの等があります。りんごを梅酒で煮る、なんていう食べ方もほのかに梅の風味がして美味しいですよ。ケーキだと上から粉糖をかければ一気におしゃれ度が増しますね。 そしてりんごのお菓子に欠かせないりんごですが、その品種は様々です。例えば、アップルパイを作る場合、りんごを煮たときに型崩れしたくないものですよね。紅玉という品種は硬くて酸っぱいりんごですが、水分が少ないので煮ても型崩れせず、さわやかな酸味があと引く美味しさです。できるならりんごのお菓子を作る際はこの紅玉を使いたいところですが、販売期間が短く手に入りにくいのです。そのための代用になるりんごはゴールデンデリシャス、ジョナゴールド、あかね、陸奥がおすすめです。

カットりんご7976は変色しやすい?風味を保つ工夫について

一口サイズにカットしたりんごは食べやすい他、盛り付けを華やかにする効果があるのでお弁当やオードブルに最適です。その一方でカットしたりんごは切り口から水分が蒸発しやすくなり、酸化による変色に見舞われてしまうので注意が必要です。りんごの切り口に塩水を付けることでナトリウムの皮膜が形成され、果肉が空気に晒されて酸化するのを防ぐことが出来ます。また、レモン果汁を塗布することでも果肉の変色を予防することが可能です。